退職・職場の悩み

【退職理由を紹介】ほけんの窓口を辞めたいあなたへ。転職で道を切り拓く方法を解説!

ほけんの窓口辞めたい

ほけんの窓口を辞めたい…。ほけんの窓口で働いているあなた。

少しずつ不満が重なって、あなたはそう思っているかもしれません。

でも、辞めたところでその後は?他に自分ができる仕事なんてあるのだろうか?

次々と悩みが出てきますよね。

この記事では、ほけんの窓口で頑張ってきた、でも辞めたい…と思っているあなたに役立つ情報をまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

ほけんの窓口を辞めたい…。でも、辞めてもいいのだろうか?

疲れ切ってパソコンに頭を埋める人

ほけんの窓口を辞めたい…。でも、辞めてもいいのだろうか?

そう悩んでいるあなたは、ここを辞めたら次はないかもしれない、と思っているかもしれませんね。

日本人はなぜか、今働いている会社を辞めたら次はない、だから今の会社で頑張らなければと思い込んでしまう傾向にあります。

真面目な日本人らしいといえばらしいのですが…。

率直にお伝えすると、どうしてもほけんの窓口を辞めたい!と強く思っているのであれが、辞めても大丈夫です!

保険の営業は、特に向き不向きがはっきりしている職業です。

向いてない人には、とことん難しく感じるでしょう。

気合いで続けていても自分が苦しくなるだけです。

転職サイトや転職情報誌などをご覧になってください。

世の中には、1,0000以上の職種・400万社以上の会社が存在しています。

今あなたがいる会社だけが全てではありません。

この世の中には、こんなにもたくさんの会社や仕事があるんだなと実感するだけで、ちょっと希望がわいてきませんか?

一度きりの人生ですから、この機会に色々な職業を見てみるのもいいかもしれませんね。

保険営業に向いてる人
【軽い考えはやめとけ?】保険営業へ向いてる人の特徴3つ保険商品は、生命保険から損害保険、その他に法人用の保険など幅広くリスクを補うことができます。 家を借りる時でも、火災保険や家財保険...

 

本当にほけんの窓口はやばい?企業の特徴をおさらい

ほけんの窓口はやばい…。もうやめたい…。

 

そう考えている人も、まずは「ほけんの窓口って客観的にみてどうなの?」ということを確認しておくことが大事です。

 

ほけんの窓口は大手だけあって、ある程度の充実した環境が整っていることも事実です。

 

  • 店舗数が業界No.1!
  • 取扱い保険数は46社でダントツの多さ!

 

ほけんの窓口は来店型の保険ショップの中では最大手です。

規模は大きく、相応の仕組みが整っている会社と言って差し支えないでしょう。

 

会社の概要は以下の通りです。

社名ほけんの窓口グループ株式会社
展開ブランドほけんの窓口
本社〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング20F
代表者代表取締役会長兼社長 窪田 泰彦
設立1995年4月
資本金10億2,450万円
従業員数3,646名(2021年6月末現在)
事業内容1. 保険代理店(生命保険・損害保険)
2.保険ショップ「ほけんの窓口」の運営
3.パートナー店・提携店の運営サポート

 

ほけんの窓口は大規模な会社で、サービスも充実しており、来店型の保険ショップで営業経験を積むには申し分ない環境です。

 

会社をやめること自体は何の問題もありません

むしろ、次へのチャレンジという意味で、前向きに捉えるべきことだと考えています。

 

しかし、これだけの恵まれた環境であることは考慮した上で、決断をする必要はありそうです。

 

来店型保険の市場規模は縮小傾向

ほけんの窓口を運営する企業は大企業であり、ある程度安定した運営をしていることは確かです。

 

しかし、市場全体の規模を確認すると、来店型保険の市場規模は縮小傾向にあります。

 

2019年度の来店型保険ショップの市場規模(新契約年換算保険料)は前年度比13.9%減の1,819億円と大幅な減少を見込む。

出典:来店型保険ショップ市場に関する調査を実施(2020年)

来店型の保険ショップの市場規模は、直近で縮小していることが調査でわかっています。

 

様々なサービスがオンラインに置き換わる中、保険業界でも「オンラインで完結したい」というニーズが、じわじわと反映されてきていると考えられます。

 

顧客との対面機会を減らしつつも保険加入・見直しを促進できるWeb相談の導入など、新たな集客・接点強化戦略を模索している。

出典:来店型保険ショップ市場に関する調査を実施(2020年)

消費者側の立場で、改めて考えてみても、ネット上で確実な保険選びが完結するのであれば、わざわざ来店することもないでしょう。

 

オンラインで購入が当たり前になってきた今、来店型の保険ショップが急に巻き返しを図ってくることは考えにくいことかと思います。

今後も、ほけんの窓口などの来店型保険ショップはオンライン化がどんどんと進んでいくことでしょう。

 

実際にほけんの窓口でも、オンライン相談の窓口が設けられており、オンライン化の流れを引っ張る動きが見受けられます。

 

この流れには、個人としてもしっかりと対応していく必要があるでしょう。

 

「ほけんの窓口をやめたい…」と考えている方は、今後の流れも想定した上で退職の是非や、転職先を冷静に判断をしていくことが大事になってきます。

 

もちろん転職先で活路を見出すこともあるでしょうし、「ほけんの窓口に残る決断をしたら、オンライン化の流れで自身に活躍の場が回ってきた!」ということもあるかもしれません。

 

しっかりと時代の流れを見据えた上で、判断するようにしましょう。

こんな理由も!?ほけんの窓口の多い退職理由

部下と上司の関係

ほけんの窓口を辞めたいと思っている人の退職理由をリサーチしてみました。

あなたに当てはまっているものはありますか?ぜひチェックしてみてください。

とにかく業務量が多く、収入と見合っていない

業務量が膨大なわりに収入が少ないという声が多く見られました。

ほけんの窓口は、一社だけではなく、複数社の保険を取り扱っているので、それぞれの内容ややり方をしっかりと把握しておかないといけません。

そして、保険には個人情報がつきもの。

個人情報の管理の面も大切です。

間違いは許されない仕事ですよね。

また、自動車保険や火災保険の更新手続きといった保全業務も増えているとのこと。

収入については、基本給が決まっており、忙しい店舗と暇な店舗で給料は変わらないので、どれだけ頑張っても大きく給料に反映されることがないのが不満だという声もありました。

残業もたくさんあり、責任も大きいのに、収入は手取りで20万をこえることがなかったという人も。

仕事量が膨大になっても収入が増えないのは、ストレスになりますよね。

キャリアアップが見込めない

保険の営業だけしていても、ある程度のところまでいくと自分の成長の限界が分かるので、退職したいという人もいました。

一般的に、保険営業は、他の職種でも活かせそうな知識やスキルを習得しにくいと言われているからです。

もっとキャリアアップをしたいと望んでいる人からすると、不安を感じる環境かもしれません。

集客のない店舗に配属されたら売上が出せず、収入が下がる

ほけんの窓口は、店舗によって集客数にかなり差があるようです。

年に二度の評価面談の結果と店舗の売上でボーナス額が決まるので、自分がどの店舗に配属されるかによってボーナス額が変わってきます。

自分の仕事量に関係なく、店舗の売上でボーナス額が左右されるのは何とも言えない気持ちになりますね…。

店舗によって雰囲気や習慣が全然違う

複数の店舗で働いたことがある人が、店舗によって待遇にひどく差があるという理由を挙げていました。

例えば、ある店舗では損保客は追い返せ、ある店舗では閉店時間が極端に遅い、土日に休みを取ることは厳禁など。

店舗によって雰囲気や習慣が全く違うと、働く側としても非常にやりにくいですよね。

とにかく体制がコロコロ変わる

体制の変更に振り回されて疲弊した。

社内ルールや人事制度、マニュアルが定まっておらず、コロコロと変わる環境についていけないという理由がありました。

体制や制度が何度も変わってしまうと、人の入れ替えなどの変化についていけず、精神的に疲れてしまいますよね。

その頻度が高かったため、辞めたいと思う人も多いようです。

事務員の立場が低い

事務員は立場が低いのにも関わらず、責任ばかり取らされると嘆く方もいました。

ほけんの窓口には、営業の方だけではなく、事務員の方もいます。

事務として働いている人の中には、事務員の立場が低い割には、店長と同レベルの責任をとらされるから辞めたいという人もいました。

収入などの差はしっかりあるにも関わらず、責任だけが重かったら、業務へのモチベーションも上がりませんよね…。

これでは退職したいと思ってしまうのも無理はありません。

衰退する会社の特徴
衰退する会社に”共通する特徴”と見分け方うちの会社、最近凄く雰囲気が悪いんだけど、そろそろやばいのでは? 毎日働いている会社に違和感を覚えたなら、それは会社の経営が上手く...

 

ほけんの窓口をうまく辞める方法

いざ、ほけんの窓口をやめるとなった時には、下記の2点に留意して退職まで進めるようにしましょう。

 

  • 引き留めに応じないこと
  • 次の転職先を見つけてから退職すること

 

一通りの情報を集めて、自分の中で噛み砕いた後は、実際に行動に起こす段階に入るはずです。

 

仕事をやめることは、次の仕事でうまくやっていくための第一歩です。

スムーズに進めて、気持ちよく次のステップに繋げていきましょう。

 

順番に解説します。

 

引き止めに応じないこと

退職時の引き止めには、極力応じないように気をつけましょう。

理由は下記の通りです。

 

  • 一度退職を相談してきた社員には、会社が活躍の場を用意しづらいから
  • 内定を断るのは機会損失につながるから

 

あなたがもし上司の立場であれば、一度辞めたいと言ってきた人間に重要な職務を任せたいと思うでしょうか?

「もしかしたら、何かのタイミングでまた辞めると言い出すかもしれないな」と感じてしまうと、引き継ぎに時間がかかったりするような重要な仕事は任せにくいものです。

 

一度、辞めたいと言ってしまった時点で、ほけんの窓口での今後のキャリアの可能性は多少狭まってしまうと考えた方が良いでしょう。

 

退職を決めて行動しているのであれば、できる限り自分の意思を貫くことが大事です。

 

また、あなたがすでに転職に前向きで内定をもらっていたり、良い企業を見つけていたりする場合、引き止めに応じてしまうことは機会損失にもなります。

ほけんの窓口に残ることは、新しい企業で得られていた待遇や仕事のチャンスを逃すことにもなることを覚えておく必要があるでしょう。

 

転職はタイミングです。

もしあなたが、希望に沿う求人を見つけた場合、数ヶ月後や数年後に同じような求人に出会えるとは限りません。

 

新しい環境に飛び込むことは不安も大きいでしょう。

そんな中で「今の環境でもう少し頑張ってみないか?」と言われると、心が揺らぐ気持ちもわかります。

 

しかし、周囲からの引き止めに安易に応じることは、あまり得策とは言えません。

 

もし辞めることを決断しているのであれば、自分の意思を貫くことを第一にしましょう。

 

次の転職先を見つけてから退職すること

「ほけんの窓口を辞めたい…!」と思っても、勢いで退職することはおすすめしません。

しっかりと次の転職先を見つけてから退職することが大事です。

 

理由は下記の通りです。

 

  • 退職後の転職活動は「貯金が減るストレス」と戦う必要があるから

 

退職すると、当然ながら収入が途絶えることになります。

その間は貯金を切り崩しながら生活をすることになりますが、これが意外とストレスです。

 

毎月の収入もなく、貯金を切り崩しながら生活をするという環境は、じわじわと心を圧迫してきます。

特に、転職先がなかなか決まらないとなってくると、より大きな焦りを招くこととなるでしょう。

 

面接で面接官に微妙な顔をされて、しかも家に帰れば口座残高を見て焦りを感じる…という生活はなかなかにストレスです。

 

「早く決めなければ!」という焦りは選考での振る舞いや、企業選びにも悪影響を及ぼすことでしょう。

 

会社を辞めたいと思っても突発的に行動を起こさず、しっかりと次の会社を見つけてから、退職を進めることが大事です。

 

後々きっと活かされる!ほけんの窓口で身に付けられたスキル

階段を上る男性

ほけんの窓口を辞めたい。

でも、一生懸命働いてきた中で、あなたが身に付けることのできたスキルは必ずあるはずです。

自分が習得したスキルを見直してみましょう!

営業力、コミュニケーションスキル

ほけんの窓口では、営業力やコミュニケーションスキルが身に付きます。

お客様に契約してもらうためには、まず相手のことをよく知ることが必要になってきます。

コミュニケーション力は欠かせません。

保険業界は競争社会となっており、とても厳しい業界です。

保険に入っている人が多い中で営業を行うわけですから。

また、保険は食品や家電とは違って形のない「無形商材」ということもあり、自身の「営業力」がカギになります。

ですから、営業力の他、相手の持ち物や身に付けている服、会話の内容、表情などから、相手がどのような人なのか、何を求めているのかを推測する力も養われているはず。

高い営業スキルは、転職市場ではとても重宝されますよ。

信頼関係を構築するスキル

ほけんの窓口では、信頼関係を構築するスキルが身に付きます。

保険営業は「売って、はい終わり」ではありません。

お客様と契約を結んだ後も、きめ細やかなフォロー営業をする必要があります。

ずっと契約を続けてもらうためには、お客様との長期的かつ密な信頼関係をつくっていくことが必要不可欠。

ほけんの窓口では、特に信頼関係を構築するスキルを培うことができます。

保険営業の経験者は、この信頼関係を構築するスキルが高いと評価を受けています。

大企業スキルつかない
大企業でスキルがつかない理由は大企業病とマニュアル!?成長できる人とできない人の違いを解説! 確かに、ベンチャー企業で若くして役職を与えられている同年代を見たりすると焦りますよね。 大企業で働いてきた自分の選択を疑い...

 

空き時間に勉強してスキルをつけておくのもあり

以上の通り、ほけんの窓口の業務は他社でも活用可能なスキルが身につく仕事です。

転職活動でも自信を持って、面接官に伝えていきましょう。

 

また、今後就きたい仕事が決まっていて、プラスのスキルが求められるようであれば、空き時間に勉強をしておくことも大事です。

 

例えば下記のようなパターンです。

 

  • プログラミングの仕事がしたいからプログラミングスクールに通う
  • デザイナーの仕事がしたいから、副業で仕事を受けてみる など

 

特に未経験の仕事を目指す場合は、空き時間をしっかりと活用して手を動かすことが大事です。

 

未経験の職種に転職する場合、実績がないため「事前に勉強しているかどうか」が重要なアピール材料です。

 

もし「この職種に転職したい!」という気持ちがあるのであれば、事前学習はとても重要な要素になってくるでしょう。

 

ちなみに筆者は、採用側の立ち位置で応募者の職務経歴書を確認したことがありますが、事前の学習をしてから応募してくる人はかなり少数です(webマーケティング未経験者採用の求人のケースです)。

 

そんな中では事前の学習をしている人の職務経歴書は、それだけでかなり魅力的に見えます。

転職活動をうまく進めたいのであれば、スキマ時間を有効活用しておくことがとても大事でしょう。

 

就きたい仕事があり、その仕事が未経験であれば業務時間外に勉強を進めておくことが重要です。

ほけんの窓口の業務で培ったスキルと掛け合わせながら、自分のキャリアに活かしていきましょう。

たくさんある。ほけんの窓口で得たスキルが活かせる仕事

電球の前に立つ男女

まずは、あなたがどのような職種に就きたいかを考えてみましょう。

ほけんの窓口において営業職に就いていた場合、あなたが営業職を続けたいか、全く違う職種で働きたいかで、選ぶ仕事が変わってきます。

わかりやすくお伝えすると、以下のようなケースがあります。

①営業を続けたいと考えている
→別業界の営業職への転職

②営業以外の仕事をしたいと考えている
→これまでのスキルを活かせる、または興味がある職種への転職

営業という職種をまた選ぶべきか、それとも全く別の職種を選ぶべきか。

どうしようか迷っている時は、これまでほけんの窓口の営業として、どのような働き方をしてきたのかを振り返ってみることをおすすめします。

 

営業として働いてきたけれど、ほとんど契約が取れなかったなあ…という場合、営業職という職種を変えてみるのもいいかもしれません。

一方で、「せっかく営業スキルを身につけたから、このスキルを活かしたいなあ…」と考えている場合は、これまでの経験で培った営業スキルを活かして、違う業界の営業職を視野に入れてみましょう。

同じ営業職での転職であれば、キャリアに一貫性を持たせやすいので、採用される確率も高くなります。

では、どのような営業職がおすすめなのでしょうか。

次から紹介していきます。

①営業職への転職を考えている場合

・金融営業

金融営業とは、銀行や証券会社の営業職です。

金融営業には、主に「リテール営業」と「法人営業」があります。

リテール営業…個人の顧客に対する金融商品の提案・販売
法人営業…企業などの法人に対し資金調達(現金・株式など)を提案

もちろん、保険営業とは求められるスキルは違いますが、営業活動の基本は同じです。

また、保険営業で学んだ知識も、金融業界で活かすことができます。

金融営業への転職にあたって、保険営業を行っていたことはおおいにアピールポイントに繋がります。

銀行員に向いてる人
銀行員になるには?仕事内容は?向いてる人の特徴や年収「銀行員」の仕事内容を皆さんはご存知でしょうか? 「銀行員」という職業について、テレビや雑誌・ビジネスシーンなどで見聞きしたことが...

・IT営業

同職種の転職なら、無形商材の営業職が良いでしょう。

なぜなら、営業職の経験やスキルを評価してもらえるから。

無形商材の営業は、顧客が何を必要としているのかをヒアリングしてくみ取り、自分が持っている知識や経験などを活かして商品を提案することがメイン。

顧客のニーズに合わせて商品の提案内容を変更したりなど、柔軟に対応していくスキルが求められます。

つまり、無形商材の営業職とは、保険の営業のスキルを最大限に活かすことができるのです。

保険営業は無形商材の中でも難しい営業なので、その経験は非常に高く評価されます。

無形商材営業は、保険の他、ITやコンサル、人材などがあげられますが、その中でもIT営業がおすすめ。

IT営業では、システム導入の提案やエンジニアの紹介などを行います。

IT社会である現代では次々と新しい技術が出てくるため、目新しさで売れることもあるようですね。

IT業界やめとけ
『IT業界はやめとけ』と囁かれる理由、その真実とは? 今もなおニーズが増え続け、高収入も夢ではない、IT業界。 しかし興味はあっても、冒頭のような話を耳にすると、不安になります...

②営業以外の仕事をしたいという場合

保険営業から未経験への転職先としておすすめなのは、以下のような職種が挙げられます。

・事務や総務などの裏方

これまでとは正反対の、事務・総務といった、裏で営業を支える職種が意外と向いているかもしれません。

事務などの裏方は、社内のあらゆる部署をサポートする仕事であるため、保険営業で身に付けたコミュニケーションスキルや柔軟な対応を活かすことができるでしょう。

営業事務の仕事内容
【2021年最新】営業事務はきつい?仕事内容ややりがいとは?「営業事務」の仕事内容を皆さんはご存知でしょうか? 営業と事務と2つの言葉がくっついているので、結局どのような仕事なのかイメージが...

・介護系

介護系の職種は未経験者でも採用されやすい傾向があるので、介護業界を検討してみるのもいいかもしれません。

介護の仕事も、やはり相手は「人」です。

保険営業で培ったコミュニケーションスキルや信頼構築スキルを活かせるでしょう。

現代の日本ではますます高齢化が進んでおりますので、介護業界は将来性のある職種だと言えます。

未経験の職種にチャレンジしようと考えているあなた。

あなたが、営業ではない、未経験の職種への転職を検討しているのであれば、その業種の仕事内容や特徴などをしっかりとリサーチしておくことがとても大切です。

なぜなら、入社後、思い描いていた理想とのギャップで、また辞めたい…と悩んでしまうかもしれないから。

求人をチェックするだけでなく、実際に働いていた人の口コミを調べたり、企業で扱っている商品を実際に使ってみたりなど、企業研究を入念に行い、目標としている職種のことをよく勉強しておきましょう。

企業研究をしっかりと行ったうえで、「ここで働いてみたいな」と思ったのであれば、入社後のミスマッチを防げる可能性が高くなります。

介護職向いてる人
【仕事診断】介護職に向いてる人の特徴3つ高齢化社会において、介護業界は求人が多く、常に人手不足となっております。 これから介護職でのキャリアを身に付けておくと、転職もしや...

ほけんの窓口からの転職でオススメの転職エージェントとは?

就労支援

転職活動を行うにあたり、頼りになるのが転職エージェント。

転職エージェントは、あなたがどのようなスキルを持っているのか、どのような職種に向いているのか、転職のプロであるキャリアアドバイザーが親身になって相談にのってくれます。

もし、転職で迷った場合は、エージェントが頼りになりますよ。

ここでは、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

doda(デューダ)

doda_TOP画
対応エリア日本全国
求人数
求人の質
評判

詳細ページ公式ページ

保有求人国内トップクラスの転職エージェント。

転職サイトとエージェントが一体化しているシステムなので、転職活動を効率的に進めることができます。

dodaには他の転職サービスにはない「非公開」の求人も豊富にあるので、思いもよらない有名企業の紹介もあるかもしれません。

  1. 転職サイト・転職エージェントの併用利用が可能!
  2. 職務経歴書に差が付く、「レジュメビルダー機能」が便利
  3. 企業からのスカウトメールが圧倒的に多い

詳細ページ公式ページ

 

マイナビAGENT(マイナビエージェント)

マイナビエージェント_TOP画
対応エリア日本全国
求人数
求人の質
評判

詳細ページ公式ページ

マイナビエージェントは、大手企業だけでなく中小企業の求人も豊富であることが特徴です。

キャリアアドバイザーによる書類添削や面接のアドバイスなど、サポートもとても充実しています。

  1. 専任のエージェントが、会社探しから採用まで徹底サポート!
  2. 豊富な求人案件からの提案力が強い
  3. 親身なヒアリングをするためマッチング力が高い

詳細ページ公式ページ

PASONA CAREER(パソナキャリア)

パソナキャリア_TOP画
対応エリア日本全国
求人数
求人の質
評判

詳細ページ公式ページ

多くの企業の人事部と太いパイプがあることから、質の良い求人を取り扱っているエージェント。

キャリアアドバイザーの対応が親切・丁寧であると評判も良く、幅広い求人を紹介してくれます。

  1. どんな人に対してもサポートが丁寧なため、転職初心者に好評!
  2. レスポンスが早いため、話がスムーズに進みやすい
  3. 人材派遣で培ったデータがあるため、求人の質が高い

詳細ページ公式ページ

RECRUIT AGENT(リクルートエージェント)

リクルートエージェント_TOP画
対応エリア日本全国
求人数
求人の質
評判

詳細ページ公式ページ

キャリアアドバイザーの質の高さはもちろん、独自のサポート体制や転職活動をバックアップしてくれるサービスなどが充実しています。

全業界・業種に幅広く対応しているエージェントなので、求人の選択肢も広がりますよ。

  1. 求人数・非公開求人数が業界トップの量
  2. キャリアアドバイザーが優秀なため、スピード感がある
  3. ここにしか無い求人案件、長年蓄積した転職ノウハウが得られる

詳細ページ公式ページ

ほけんの窓口を辞めたいと思っているあなたへ…

ゴールまでの道のり

様々な理由から、ほけんの窓口を辞めたいと悩んでいるあなた。

結論から言うと、辞めても大丈夫。

ただし、転職するにあたり、自分がどのような職種に就きたいのかをまずはっきりさせることが大切です。

引き続き営業職に就きたいのか、営業とは全く違う職種にチャレンジしたいのか、自分のスキルを振り返りながら考えてみましょう。

自分にどのような職種が向いているのか分からない…という場合は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

スキルやキャリアの棚卸しから、しっかりとあなたをサポートしてくれますよ。

各転職エージェントによって業種や職種による強みの違いや、担当者との相性もあります。
転職エージェントは3社ほど併用して登録することをオススメします。

ABOUT ME
STANDBY編集部
転職プロ集団が運営。 運営メンバーは転職エージェント・転職サイトへ精通しており、元人事や採用担当・面接官の経験がある者が在籍しております。 執筆者は基本的に『匿名』としているため、採用側の裏事情や転職ノウハウを包み隠さず情報提供しております。 運営者情報
人気記事ランキング

他の人は読んでます