退職・職場の悩み

【あなたはどっち?】職場で大事にされる人の共通点と特徴

職場で大事にされる人

とびきり明るいわけでもないのに周りに大事にされている、物凄く仕事ができるというわけでもないのに大事にされている、そんな人あなたの周りにいませんか?

特別目立ったことをしていそうになく、長年会社にいるわけでもないのに、どうして周りから大事にされているのでしょうか。

もしかしたら生まれ持った才能かもしれませんが、職場で大事にされる人の行動には必ず共通点があるのです。

共通点を知って、共通点に沿うように行動していけば、あなたも職場からより大事にされます。

大事にされない人の共通点も紹介しますので、NGな行動をしていないか、行動を見返して読んでみてください。

職場で大事にされる人の共通点

職場で大事にされる人は仕事が出来る人というわけではありません。

明るくコミュニケーション上手な人であれば大事にされるわけでもありません。

仕事が出来るからといって冷たい態度、人を小ばかにするような態度をとっていたら、信頼には欠けるでしょう。

反対に、人を持ち上げるのが得意で周りとのコミュニケーションが上手でも、仕事があまりに出来すぎなければ、信用には欠けるでしょう。

では、職場で大事にされる人の共通点はなんでしょうか?

以下5つが、職場で大事にされる人の共通点です。

(1)常識かつマナーがある

出勤時、退勤時のあいさつやお礼・謝罪など、人間として当たり前なことはもちろん、遅刻をしない言われたことをしっかりと守るなど、常識やマナーがある人は大事にされます。

あいさつやお礼、謝罪が出来ない人を信頼することも信用することも出来ませんよね。

あいさつやお礼が出来ても表情がないと、心がこもっているのかどうか分かりません。

笑顔など表情もしっかりと出せて、言葉に上乗せできるかも、大事にされる人の共通点です。

(2)思いやりがある

自分が出来る範囲のことで、困っている人の手助けをしたり、話を聞いてあげたりする他人への思いやりが出来る人も大事にされます。

自分のことが手一杯で手伝えなくても、合間に一声かけたり飲み物をごちそうしたり
そんな些細なことでも、思いやりの一つです。

そんな些細な思いやりでも見ている人はいます。

職場で大事にされる人は陰で支えることをしているものです。

(3)聞き上手

適度な相槌、話し返しが上手なのが聞き上手な人です。

聞き上手でいるとその人がどんな悩みを持っているのか、どんなことを望んでいるのかわかるようになります。

どんな仕事が得意なのか不得意なのかも話してくれるようになり、信頼感を得られます。
解決策を見いだせることが出来ればなお、職場では大事にされるでしょう。

聞いたことを他人にぺらぺらと話してしまったら意味はありませんが。

聞いた話の中で自分はその人に何をしてあげられるかを、職場で大事にされる人は実行しようとするので、どんどん信用されて大事にされるのです。

(4)責任感がある

自分の言葉に責任を持つことが出来る人はあまりいないと思います。

何かのミスでトラブルが起きてしまった場合、
「他人のせいにできるなら他人のせいにしよう」
「どうせバレやしないから責任転嫁しよう」
この人は何も言わないし、責任をなすりつけようとする人は多いのではないでしょうか。
案外、そういう嘘は見破られています。

ただ、責任転嫁された側のせいになってしまうのは暗いから、弱いからではなく、責任転嫁している側よりも責任感ある行動をしてこなかったからです。

少しでも責任感がある言葉を言っている人のほうが大事にされるのです。

(5)落ち着きがある

あたふたと余裕のない行動をしている人は、いつか何かトラブルを起こすのではないかとひやひやされます。

余裕があってもなくても、落ち着いた行動をしていれば、周りは慌てぶりにひやひやしなくて済みます。

落ち着いてきちんと対処している人に仕事は任せたいですよね。

あなたの職場で大事にされているな、信頼されているなと思うような人は、あたふたと仕事を慌てて片付けようとしているような人ではなく、落ち着いていて凛々しいなという人ではないですか?

職場で大事にされない人の共通点

職場で大事にされている人だなと思う人と、信頼に欠ける人で大事にされていないなと思う人も職場にいますよね。

職場で大事にされない人の共通点は以下3つです。

(1)常識やマナーを守れない

あいさつは会釈のみ、もしくはしない、お礼も謝罪もきちんとできない、遅刻をするなど、一般的な常識がない人は職場で大事にされません。

明るい表情で、はっきりと目を見て話すというのは、会話においての常識みたいなものですよね。

(2)人のせいにする

自分のミスを人のせいにするのも大事にされない人の共通点です。

何かあると謝罪はするけど、「でもあの人が…」と責任転嫁する人はいます。

本当に自分のミスではない時でも何かしら自分にも負があって、ミスを指摘されているわけですから「あの人のせい」だという前に、きちんと謝罪はいれるようにしましょう。

すぐに人のせいにしてしまうと職場で大事にされる、されない以前に周りの人からの信頼がなくなってしまいます。

(3)自分の意見だけを言う

自分の思ったことをや意見はどんどん言うのに、人の意見には耳も傾けないような人は大事にされません。

人の意見もしっかりと聞いて、自分の意見に反映させることができないと「何言っても通じない人」とされ、大事な話し合いだけでなく、職場の人たちとのコミュニケーションも入れてくれなくなります。

職場で大事にされる人は友達にも大事にされる

職場で大事にされる人は常識やマナーがあり、人に対する思いやりや聞き上手さ、自分の言動や行動に責任感を持った落ち着きのある人だと挙げました。

これは職場だけに影響されるものではなく、交友関係でも大事にされる人でもあります。

常日頃から行っていることだからこそ、職場でも出来るのです。

交友関係が円滑に進んでいるから職場でも余裕を持って行動が出来て大事にされるようになります。

「余裕がなくて職場でも居心地が悪い」、「いなくなっても会社には影響ないんだろうな」とネガティブな気持ちになる前に、交友関係で大事にされる人の共通点を真似してみてください。

交友関係が円滑ではないから難しいなら、職場で大事にされる人の行動や言動を行って、交友関係にも反映させるという逆から始めてみてもいいでしょう。

中身だけでなく外見の清潔さも大事にされる第一歩

行動や言動だけで職場で大事にされるわけではありません。

外見が清潔かどうかも大事にされる一つです。

服がしわがかっていて、靴やカバンが汚れている、髪の毛がぼさぼさで、ニオイがちょっと…という人が大事にされる人の共通点を実行していても、いまいち信頼は得られないでしょう。

そんな人に何かを任せたいとは思いませんよね。

外見の清潔さの判断

  1. まゆげや髪の毛、髭をしっかりと整えている
  2. 服にアイロンがかかっていてしわがない
  3. 靴やカバンに汚れがない
  4. 適度な香水やミストをしている
  5. 口臭ケアをしっかりと行っている

外見とはファッションセンスや顔のこととは言いません。

上記5つがしっかりとできていれば、外見に清潔さがり、周りから好印象を残すことが出来ます。

行動は地道な努力が必要ですが、外見の清潔さなら、すぐにでも実行できるのでぜひやってみてください。

まとめ

職場で大事にされる人・大事にされない人の共通点は以下の通りです。

職場で大事にされる人
  • 常識かつマナーがある
  • 人への思いやりがある
  • 聞き上手
  • 自分の行動や言動に責任感を持っている
  • 落ち着きがある
職場で大事にされない人
  • 常識やマナーがない
  • すぐに人のせいにする
  • 人の意見に耳を傾けず、自分の意見ばかりを言う

そして職場で大事にされる人は外見の清潔さも兼ね備えていて大事にされます。

職場で大事にされるからこそ、友人にも大事にされます。

この記事を参考にあなたも職場で大事にされるような人になってください。