退職・職場の悩み

【注意】職場での人間関係は深入りしない方が正解!

職場の人間関係深入りしない

職場での人間関係に悩まれている方は多いのではないでしょうか?仕事に行きたくない人の中 で人間関係に悩まれている方は多いと思います。

そもそも職場での人間関係は深入りすべき か、すべきじゃないのかか…悩む方も多いでしょう。

何故人間関係が難しいと感じるのか

それぞれが、人間関係が難しいと感じる理由があると思います。

主には次のようなものが挙げら れます。

人と話すのが苦手

人見知りだったり、口下手な人は相手との会話が億劫になってしまいがちです。

心を許している 相手、友人や家族なら大丈夫だけど、他の人にはどうしても上手く話す事ができない人は人間関 係を築くことが難しく感じるでしょう。

会話にうまく入る事ができなかったり、自分の思っていること を伝えられなかったり、会話自体を避けてしまう事があります。

気を使いすぎてしまう

周りに気を使いすぎて、周りも貴方に気を遣っているかもしれません。

気を使う事も大事ですが、 あまりに気を使いすぎると、相手との関係に壁ができてしまいます。

そして自分自身も疲れてしま い、人と関わる事を苦手に思ってしまうでしょう。

相手がどう思ってるのか気にしすぎる

自分はどう思われてしまっているのだろう、嫌われているかもしれない又は嫌われてしまうのでは ないか等、周りばかり気にしすぎてしまうと、相手に思うように話しかけられなかったり、コミュニ ケーションを図る事ができなくなってしまいます。

職場での人間関係が苦手な理由

職場での人間関係が苦手な人は多いでしょう。

職場では年齢も幅広く、様々な方と接する事があ ります。

元々人間関係が苦手な人は勿論、それまでに人間関係に悩んだ事がない人でも、悩ん でしまう事がある程です。

そもそも、職場はあくまで仕事をする場であって、お友達を作る場ではないのです。

1人1人が責任を持って仕事をしているわけで、仲良くしていれば良いわけでもあり ません。

それが分かっているのに、人間関係を気にしてしまうのは、上下関係があったり年齢層 もバラバラの環境で、生活の大半をそこで過ごすと、人の嫌なところが見えてきたり、悪口や噂話 を先輩が言っていたりなど、目上の人との接し方が難しかったりなど、人間関係に不安を抱く理 由が何かあるのだと思います。

職場の人とどのように接するべき?

人間関係に深入りしないとなると、相手にはあまり良い印象を与えないのではないかと不安にな る人もいるでしょう。

また、職場の人との接し方をどのようにすれば良いのかがわからない人も多 いと思います。

次の点に気を付けてみましょう。

最低限のマナーは大切に

社会人としての最低限のマナーは大切にしましょう。

1番に、挨拶は重要です。

挨拶をするときは 表情にも気をつけて挨拶をすると相手にも、良い印象を与えるしょう。

上司や先輩へは敬語を使 いましょう。

仕事をサボったり、遅刻したりは避けましょう。

相手にも良い印象を与えず、人間関係 が悪化するきっかけになってしまいます。

報告.連絡.相談をしっかりすること、仕事をする上で必 要なコミュニケーションはしっかり取りましょう。

悩んだ時は仕事の関係と割り切る

必要以上に仲良くする必要はないでしょう。

職場内でも仲良くしている人達もいると思います。

ですが、自分も仲良くする必要はありません。

職場での人間関係が苦手なのであれば、最低限の マナーだけでもしっかり守れば、人間関係を難しく感じる必要はありません。

自分の仕事を充分 に行えればそれで良いと思います。

あくまで仕事の関係なので、人間関係が苦手な人は無理し て頑張る必要はありません。

業務では無い飲み会やランチは強制ではない

飲み会やランチに誘われ、「そこまで仲良くないから行きづらい」と感じるときは無理に行く必要は ありません。

業務以外の、ランチや飲み会は強制ではありません。

しかし、相手もそれをきっかけ
に仲良くしたいと思っているかもしれません。

また、それをきっかけに人間関係が良い方向に向 かう可能性もあります。

見極めるのは難しいので、「行ってみよう」「この人となら少し楽しいかも」 など、ちょっと前向きに考えられたときは行ってみるのもよいかもしれません。

人間関係に深入りした場合

逆に、人間関係に深入りした場合どのような事があるのでしょう。

勿論、良い点も悪い点もありま す。

お友達感覚になる

職場での関係から、お友達の感覚になってしまう時があります。

同期だけでなく先輩や上司とも お友達感覚になってしまう事もあるようです。

それは悪い事ばかりではないのですが、メリハリが つかなくなるときがあります。

仕事中なのにお話が弾んでしまったり、敬語を使わずタメ口になっ てしまったりと、仕事に支障をきたしたりする時は要注意です。

お友達感覚になったとしても、仕 事は集中でき、仲の良い人がいるので仕事も楽しいと前向きに思える環境ならとても良いでしょ う。

相手を気にしすぎる

人間関係を気にしすぎてしまう事で、仕事<人間関係となってしまう事があります。

相手に嫌わ れないようにと考えると、自分の言動一つ一つに気を取られてしまいます。

そうすると、大きなスト レスとなり、仕事に対する集中力が妨げられたり、仕事に行くのが億劫になってしまうでしょう。

トラブルがあった時に困る

社員同士の仲違いやプライベートのトラブルなどに巻き込まれてしまう時があります。

職場内で 仲良しグループができてしまうと、とても面倒です。

そうなると益々仕事が集中できず、人間関係 にばかりに執着してしまいます。

まとめ

人間関係は深入りする必要はありません。

しっかり社会人としてのマナー、職場のルールさえ守 れば良いでしょう。

人間関係は深入りすれば良いものではなく、ある程度の距離感が必要です。

あくまで仕事での関係なので、良い環境で仕事が出来ることが何より重要です。

人間関係が苦手 な人も心配する必要は全くありません。

勿論、自分自身のプライベートなことを話す必要とない し、聞く必要もありません。

余計なことに首を突っ込む必要はありませんし、他人の悪口に乗っか る必要もありません。

悪口に参加したり、悪口を持ちかけたりする事は辞めましょう。

自分自身が ストレスに感じてしまうことを避け、仕事に集中できる環境を作る事が重要です。

最低限のマナー ができれば、相手にも嫌な印象を与えることはないでしょう。