接客・サービス業

【仕事診断】旅行会社に向いてる人・向いてない人の特徴

旅行会社向いてる人

海外だけでなく、日本国内も色んな場所へ仕事で訪れることができる旅行会社の仕事って憧れますよね?

旅行のツアーに行ったことのある方なら、色んな観光地の情報や知識を知っていて、テキパキと仕事のスケジュールを進めている旅行会社の担当を見ていると、華やかな仕事に見えます。

しかし、旅行会社の仕事も基本的に接客業となりますので、お客様から感謝されることもあれば、クレーマーや危ない経験をしたりもあります。

また、海外出張に行くと時差の影響で生活リズムが崩れたり、仕事の休みのスケジュールが立てられない等、大変な一面も沢山あります。

今回は、旅行会社へ勤務する方へ、詳しい業務内容から仕事のやりがい・向いている人の特徴を聞いてみましたので、これから旅行会社へ就職活動を考えている人にとっては、現場の生の声が参考になることでしょう。

旅行会社の仕事内容と給料

仕事内容

主にカウンターで接客をしながら旅行の相談を受け、手配から出発までサポートをします。

一番大事なのは旅行先に対する知識量であり、年々旅行先の人気観光スポット、相場、問い合わせ傾向などが変わってくるので常にアンテナを張って情報を仕入れていなりません。

また、接客のスキルもとても重要になります。

ただ自分が知っていることを話すだけでなく、どのように説明をしたらわかりやすくお客様に想像してもらいやすいか考えて話す必要があります。
そして、予約をしてもらう必要があるのだが、ここで終わりではなく、予約をしてもらってスタート地点に立ちます。

予約した後もいかにお客様と信頼関係を気づけるかがとても大事で、出発前になにかトラブルがあれば信用問題だけでなくまた別の問題に発展する可能性があります。予約後のアフターケアをどれだけ大事にしたかによってキャンセルの可能性を下げれるかに繋がります。

もちろん、本当にやむを得ないキャンセルもありますが、話し方次第で再度予約し直してくれることもあるので、賢い言い回しが大事になってきます。

年収

役職にもよりますが、年収は平均400万円前後となります。

旅行会社の仕事でのやりがい

旅行に行く目的は行く人の数だけあるのでその人たちに合った条件と合致するものを見つけられたときはとてもやりがいを感じます。

また、ハネムーンなど特に重要な旅行などで「○○さんのおかげでした」と言われた時には本当にこの仕事をしててよかったと感じられます。

結果としてその時予約にならなかったとしても、相談できて正解だった、とても参考になったなどのお言葉を頂けることもあるので自分の結果やモチベーションにもつながります。

褒められるなど以外でやりがいを感じる時は、旅行会社に問合せに来る人は基本旅行に行きたいからこそ相談に来ているのであって旅行にマイナスなイメージを持っている人はいないはずです。

そうした人たちと話していて意外な共通点や自分と馬が合う人に会えたりすることだと言えます。

接客の難しさは十分にあり、旅行の相談から手配をすることが私たちの仕事ですが、その仕事を通じて出会える人の出会いは大事なものであると感じさせてくれます。

旅行会社で働くと辛いこと

残業時間や勤務時間に対し給料が低いところです。

ピーク時期の残業は平均60時間を超えることがざらにあり、場合によってはサービス残業をせざるを得ない時もあります。

また、お客様クレームを直接対応しなければいけない点もあります。接客中における不手際、こちらがしてしまった手配ミスなどが起因している場合はどんな理由があれ私たちが悪くなりますが、明らかにこちらが説明していて相手も理解していたにも関わらず言った言ってない問題に発展することがあります。

書面で渡すこともありますが、そこまで文句を言うクレーマーはその程度じゃ納得することはあまりないので、謝罪だけでなく他の問題へ発展することがあります。

また、手配内容などに不備が一切なくても旅行中にあったトラブルをこちらのせいにされる場合もあります。

例えば、飛行機の座席がよくなかった、おすすめされたホテルの設備がよくなかったなど、100人中99人が満足する内容であっても稀にこのように訴えてくる人が一定数います。

お客様のいい声が直接聞ける反面こういったクレームやただのいちゃもんを直接聞かなければならないところです。

旅行会社に向いている人の特徴

向いている人
  1. 接客が好き
  2. トレンド情報など流行のものが好き
  3. 臨機応変に対応ができる人

①接客が好き

この旅行を申し込みたいです、この行程で旅行を考えていますといった、既に旅行内容が決まっていて予約したいですというだけの問い合わせは実際にはほぼ100%ありません。100件の問い合わせがあったら1.2件あるかどうかです。

旅行会社に来る以上、旅行先に悩んでいる、インターネットなどでみている情報でわからないことがあるなど何かしら自分たちで解決できないことがあるから来ています。旅行先に悩んでいる場合など、接客のスキルを活かし、相手のニーズとウォンツを引き出しきれなければ予約になったとしてもキャンセルになることもあります。

そのため、人と話すことが好きなだけでなく、それをちゃんと実用的なものに活用できるスキルを備えている人が向いています。

②トレンド情報など流行のものが好き

毎年人気の旅行先や、旅行先での人気スポットなどは変わるので、そこを抑えていないと本当にこの人は詳しいのか?などの信頼関係に発展していきます。この信用問題は自分の成約率に直結しているので、ある程度の最新情報は抑えておく必要があります。

特に、テレビで取り上げられた翌日などにはその方面の問い合わせが著しく増えてくるので、旅行先の情報だけでなくある程度メディアの情報を仕入れておく必要もあります。また、テレビだけでなく、最近はSNSの情報を見て旅行に行きたいと思う人も多いので、様々なところでアンテナを張って準備をしておく必要があります。

ただ、次期や季節柄増えてくる方面などもあるので、必ずしも常にというわけでなく、夏はリゾート、冬は雪が降らず移動が苦にならないところなどの最新情報を控えるだけでもいいと思います。

③臨機応変に対応ができる人

旅行先が決まっている問い合わせはほぼない。さらに、場合によってはどこに行きたいか、何をしたいかまで決まっていない人も多くいます。

こちらとしても問い合わせ者や相談内容を選ぶことができないので、いつどんな人が来ても柔軟に対応する力が求められることがとても多いです。

また、土地柄などにも左右してくると思うが、問い合わせ者の客層が一定ではない店舗の方が非常に多いです。例えば学生旅行の問い合わせがあった後にハネムーンや、家族旅行などその問い合わせ問い合わせで大事にしなければならない注意点などなど状況に応じて全く異なることが多いです。

そのため、その問い合わせ内容によって柔軟に切り分け臨機応変に対応できる人がとても向いています。

旅行会社に向いていない人の特徴

向いていない人
  1. スケジュール管理ができない人
  2. 我が強い人
  3. 注意力がない(ケアレスミスが多い)人

①スケジュール管理ができない人

旅行の主な交通手段は飛行機だと思うが、全ての航空券にはいつまでに手続きを済ませなければならないなど絶対的なルールがあります。

その期日を1分1秒でも遅れてしまうと同じ条件の航空券を取り戻すことはできない。そのため、いつまでにこの業務を終わらせる必要があるなどスケジュールをうまく組む必要があります。

お客様都合によってスケジュールプランから外れてしまうことがあるが、万が一のためにそのプランから外れても間に合うように手続きを進めたりスケジュール管理を行う必要があるので、必須のスキルと言えます。

万が一自分の管理が甘く航空券の手続きが間に合わない時はお客様が旅行に行けなくなってしまう可能性があります。迷惑がかかるのも会社ではなくお客様なので、適切なスケジュール管理をできる人が大事です。

②我が強い人

お客様の希望条件を聞き出すことが仕事なので、なにも決まっていない人や優柔不断な人でどこにするか中々決めきれない人が多くいます。

だからといって、自分がおすすめする場所や意見を一方的に言ってしまうと信頼関係に直結してしまうので、我が強く自分の意見を絶対に通したい人はあまり向いていないかもしれません。

時にはある程度の強引さも大事かもしれませんが、一歩間違えるとクレームなどに発展してしまうので自分の感情などをうまくコントロールする必要があります。

また、接客の時だけでなく、先輩上司からいろいろな知識を多く得る機会が多いですが、そういったときに絶対に自分の意見が正しいと思っていたりすると、知識量を増やすことができず偏った知識だけを持った人になってしまうかもしれません。

③注意力がない(ケアレスミスが多い)人

場合によってはアルファベットを1文字間違えただけでお客様が旅行に行けなくなってしまうことがあるので、注意深く確認できない人や細かい確認が苦手な人は向いていないと思います。

また、海外のホテルには似たホテル名や系列ホテルががいくつも存在していることもあるので、聞き間違えをして勝手に話を進めてしまい全く別のホテルを手配してしまったなど手配ミスなどと発展してしまうことが多いです。

そのほかに、4月と7月の聞き間違えに気づかず、自分の思い込みで話を進めてしまったり、最悪の場合には全く別の旅行先へ手配してしまったりすることもあります。(実際にそういった事例があったときいたことがあります)そのため、最後までしっかりと注意深く確認ができる人がとても大事です。

旅行会社で働くには

旅行会社によって求人掲載を行っている転職サイト・転職エージェントが異なるため、複数の転職サイトへ登録して見ていくしかありません。

気になる会社がある場合は、会社のホームページで募集要項が掲載されていることもあります。

旅行が好きな人は必ず楽しく働ける環境となっております。

さらに、接客が好きな人・最新トレンドが好きな人は、お客様から求めらえる素質がありますので、昇進や昇給にも有利に働くかと思います。