ITエンジニア・SE

webデザイナーとは?仕事内容、やりがい、向いてる人、未経験からなるには?

webデザイナー仕事内容・向いてる人

今となっては、会社の顔となるほど重要なWEBサイトのデザインを担当するWEBデザイナーです。

WEBデザインの良し悪しも、ターゲット層や見ている人によって異なるため難しい事ではありますが、成果に繋がりやすいデザインも同時に求められるため、WEBデザイナーの仕事は様々な意見を取り入れて制作する必要があります。

今回は、現役のWEBデザイナーへ仕事内容とは何か、独学や未経験でも働くことができるのか、向いてる人・向いてない人の特徴をインタビューしましたので、これから目指そうと考えている方の参考になることでしょう。

webデザイナーの仕事内容と給料

仕事内容

受注のあった内容に対して、適切なデザインや掲載内容の決定をします。

案件や会社規模によりますが、社内で更に細かく話し合いが行われます。

デザイン案を提出し、発注元とすり合わせて、デザイン案を決定します。

規模が大きいとライターが文章を考えますが、小規模だと社内で考えます。

その後、コーディングから納品まで行います。案件によっては、管理・保守なども続けていきます。

場合によってはアクセス解析を行い、その結果に合わせた改修などの提案もしていきます。

制作会社勤務の場合は、様々な業種や業界に関われる一方、それらに関連するルールや法規を学ばなければならないため、web以外のことも覚える量が多くあります。

自社のweb担当の場合、自社に関連するルールのみを覚えるだけになります。しかし、バリエーションには欠けてしまいます。

フリーランスだと、得意な分野を選べますが、競合相手が多くて仕事を取るのがかなり大変になってきます。

給料・年収

年収約250万円からスタートが多いですが、経験や実績によって大きく異なります。

webデザイナーの仕事のやりがい

自分の提案が発注元の顧客に通り、採用された時です。

先方からいただいた企画書を見て、それらに対して自分なりに下調べを行いました。

それに基づいてデザインやアイディアなどの案を提出し、それらが採用された時です。

地道な下調べ作業で難解なことにも出会いますが、苦労して考えてデザイン等を考案しました。

文章も自分で考えて、どういった内容にすれば、閲覧者は興味を持ってくれるのか、どうしたら購入まで持って行けるのか、すごく考えました。

デザインもどういった導線が使いやすいのか、クリックまでの誘導がスムーズにいくのか、試行錯誤の連続でした。

その苦労が報われた瞬間はやりがいを感じました!

webの仕事は以前から就きたかった職業だったので、好きなことで稼げる楽しさもあります。

覚えなければならない、専門用語や知識は当然あります。

しかし、自分のアイディアやデザインで、制作したものが、世界中の人たちに見てもらえる喜びもあります。

webデザイナーの仕事で辛いこと

せっかく作ったが、結果がついてこない時です。

制作して納品までで終わる場合もありますが、その後の運用や管理も任されると、アクセス数が気になってしまいます。

そこで良い結果が出ればいいですが、そうとも限りません。

最初は滑り出しが良かったけど、その後が振るわない。

制作して終わりでなく、そこから新たな始まりなので、分析して改善していく大変さはあります。

時間内に終わられなければならない大変さもあります。

私が所属していた会社は、残業や休日出勤はしませんでしたが、時間内に終わらせる必要があります。

スケジュール通りに進めば良いですが、思わぬ障害に出会ってしまい、思い通りに進まないこともありました。

自分のスケジュール管理が甘くならないように、常に注意する必要がありました。

また、アイディアが出てこないこともありました。

納期がありますので、いつまでにラフ案を出さなければならないなどの締め切りもあります。

切羽詰まり、行き詰まることもありました。

webデザイナーへ向いている人の特徴3つ

向いてる人の特徴
  1. 自分の考えをしっかり持っている人
  2. 時間を守れる人
  3. コミュニケーションが取れる人

①自分の考えをしっかり持っている人

発注元に言われたままに、作業を進めて作らないことです。

発注元の考えや方向性は進めていく上で、大切になってきます。

しかし、そこに自分の考えがないまま進めてしまうと、けして良いものにはなりません。

なにより、フリーランスも含めれば、多くのwebデザイナーが世間では活躍しています。

デザイン案通りのコーディングしかできないと、仕事の幅も増えていくことはありません。

また、自身の必要性も低くなってしまい、立場も無くなってしまうこともあります。

そこで大事になってくることが、自分の案件に対する考えをどう持っているかが重要になってきます。

しっかりした提案をすれば、発注元も思わぬ考えに喜ばれることもあります。

それには、多くの良質なデザインを見て、自身のデザインや提案力を高めて、勉強していくことが重要になってきます。

②時間を守れる人

web業界に限らず、時間厳守は仕事上重要です。

発注元から提示されている納期に対して、スケジュールを作成します。

案件の内容により適切なスケジュールを立てますが、それに合わせて動かないとなりません。

特に多くの専門制作会社の場合、チームで動いています。

1人作業が遅れてしまいますと、チーム全体に迷惑をかけることになってしまいます。

フリーランスでも同様です。

1人で進めることになりますが、スケジュール管理ができていないと「納期を守れない人」の印象を与えてしまいます。

仕事を継続して取るには難しくなってしまいます。

逆に素早い対応ができると、好印象になります。

急な作業、即急な対応を求められる場面もあります。

いかに確実に進められるかよって、自身の評価も左右されてしまいます。

そのためには常に時間管理が必要になってきます。

③コミュニケーションが取れる人

発注元がいる以上、どういった目的で作りたく、どういった課題があり、どこへ向かわせたいか、様々な問題などがあります。

規模の大きいとディレクターや営業担当が内容をとりまとめてくれますが、小規模やフリーランスだとそうはできません。

それらをくみ取り、どういったものを作り上げるか、洗い出していく必要があります。

それには発注元とのコミュニケーションが重要になってきます。

また、場合によっては、制作物に対するプレゼンテーションや方向性の説明を社内外に行う場合もあります。

また会社勤務の場合、チームで動くため、作業状況などの進捗具合などのコミュニケーションも必要になってきます。

高いコミュニケーション能力が必要とはなりませんが、1人で黙々とする職業ではないことが多いので、最低限のコミュニケーション能力が必要です。

webデザイナーへ向いていない人の特徴3つ

向いていない人の特徴
  1. 柔軟性がない人
  2. 協調性のない人
  3. 向上意欲の低い人

①柔軟性がない人

デザインのアイディア出しやコーディングの際、どう構成をしていくのか、考える必要があります。

そこでいかにシンプルで分かりやすく作り上げるか、どう進めるのかになってきます。

自分の固定概念にとらわれず、発想していくか重要になってきます。

また、近年はスマートフォンやタブレットでのアクセスが増えてきます。

レスポンシブデザインなども考慮する必要性もあります。

できるだけシンプルで多くのディバイスに対応できるデザインが求められてきます。

急な発注元の仕様変更に対して、柔軟に対応することもあります。

そこで即座に意見を求められたり、デザインのラフ案を出すこともあります。

そういった場面にも遭遇しても良いように、柔軟な発想を持つことが必要になってきます。

たくさんのアイディアやデザインセンス、常日頃からを磨いておく必要があります。

②協調性のない人

専門制作会社などに勤務の場合、協調性はどうしても必須となります。

顧客との協調性を持つのは、当然となります。

チームで動いているので、ディレクターや営業、チームリーダー。

他のチームメンバーとの協調性が求められてきます。

自分の考えを押し通すことも時には必要ですが、相手の意見を尊重し、チームとしてまとめていくことも必要になってきます。

そこで、自分の意見と他者の意見を合わせて、チームの考えとしてまとめていくことになります。

チームとしての一つにまとめて、作業を進められるかどうかになってきてしまいます。

かといって、フリーランスに協調性が不要ではありません。

自分の裁量で作業を進められる分、発注元である顧客の考えに寄り添いながら、自分の考えを提案していくことになります。

そのためにも協調性が必要になってきます。

③向上意欲の低い人

web業界はすごく変わりやすい世界だと、日頃から感じます。

新しい技術、表現方法も増えていき、一方ではなくなってきています。

それらに対して常にアンテナを張り、自分に取り入れられるかどうかが大切になってきています。

すぐに制作物に対して取り入れる必要はありませんが、こういった方法もあることは常に念頭に置くことにはなります。

また、デザインも数年前ではトレンドでしたが、今では古臭くなってしまうこともあります。

今、どういったデザインがトレンドなのか、これからはどうなっていくか情報を仕入れておくことも必要です。

また、自分自身についてもどういったことを身に付けていけば良いか、客観的に課題を見つけて改善していくことも大切になってきます。

変わりやすい世界で、自分に変化をつけられるか、その行動が求められてきます。

webデザイナーへ就職する方法

専門学校を卒業する形が早いと思いますが、独学で就職も可能です。

転職サイト・転職エージェントでも募集が多い職種になりますので、登録して募集条件を見た方が早いと思います。

スマートフォンやタブレットの進出によって、webの需要も更に高まってきています。

現在の生活において、無くてはならないものになってきてしまいました。

多くに人が見てくるものですので、分かりやすく使いやすいものにしなければなりません。

就職できても、常に勉強と探究心が必要な世界ですが、やりがいのある職業だと思います。

ABOUT ME
STANDBY編集部
転職プロ集団が運営。 運営メンバーは転職エージェント・転職サイトへ精通しており、元人事や採用担当・面接官の経験がある者が在籍しております。 執筆者は基本的に『匿名』としているため、採用側の裏事情や転職ノウハウを包み隠さず情報提供しております。 運営者情報
人気記事ランキング

他の人は読んでます