看護師

【仕事内容】オペ看護師に向いてる人の特徴とやりがい

オペ看護師に向いてる人

オペ看護師といえば、看護師の中でも花形の職業なので、憧れている方も多いのではないでしょうか?

しかし、人の生死をも左右する大事なオペに立ち会って、医師をサポートする必要があるため、見えないところで勉強や努力を沢山しているのです。

もちろん、看護師さんなので、平均年収は高めとなっておりますが、努力や費やした時間にしては給料が安いと感じる方も多いみたいです。

今回はベテランのオペ看護師の方に、仕事のやりがいや向いてる人の性格や特徴をインタビューしましたので、これからオペ看護師を目指す方の参考になることでしょう。

オペ看護師の仕事内容と給料

仕事内容

手術に関わる業務全般を行います。

医師に器械を渡すのは器械出し看護師と呼ばれます。

基本的には医師の要求する器械を手渡しますが、大量出血時などは先読みして器械を準備します。

また整形外科などインプラント物は手順が決まっているので使う器械を頭に叩き込んでおく必要があります。

麻酔科医師の補助をするのは外回り看護師と呼ばれます。

器械出し看護師の役割以外の業務を受け持ちます。

手術中の記録はもとより、出血量の把握と報告、器械出し看護師と連携した器械やガーゼ類のカウントなど手術に関わることはもちろんですが、術者の医師にかかってきた電話の対応、 病棟への連絡など多岐に渡ります。

リーダーと呼ばれるようになるとそれぞれの手術の進行を把握して、スタッフの休憩を割り振ったり、体調不良者や欠勤者がいればスタッフのやりくりをし、オンコールの手術開始時間の調整などをします。

管理=師長になると手術部として1週間の手術スケジュールの割り振り、修理機器の手続き、医師や患者、患者家族はもとよりスタッフからのクレーム対応など看護師の仕事?って疑問に思うくらいの雑多な業務があります。

給料

平均的に年収500万円前後ですが、県立など公務員の方が年収が良いでしょう。

オペ看護師の仕事のやりがい

純粋に手術がトラブルなく順調に終了すれば達成感が味わえます。

生体移植など大きな手術がこなせるようになったり、医師からの評価もはげみになります。

一番嬉しいのは、術後に患者さんに会いに行く術後訪問で、実際に回復した患者さんから感謝の言葉をもらう時です。

やはり直接『ありがとう』と言われるのは各別です。

実際に会いに行けなくても、カルテ上で経過が順調で退院されると嬉しいです。

小児形成外科などは何度も手術を重ねることもあり、受け持ち性を取ることもあります。

成長をまの当たりにしたり、これで最後の手術って時には感慨深いものがあります。

小児の場合は保護者とも関わることがあり、患者の家族への対応も学ぶことができます。

手術室は自分の出来ること出来ないことがかなり明確なので、客観的にも自分の成長を感じることが出来ると思います。

出世のロールモデルも家庭との両立のロールモデルもいっぱいあるので、将来像も予測できると思います。

オペ看護師の仕事の辛いこと

ずっと勉強が続きます。

人体の解剖、生理は基本中の基本で、そこに麻酔侵襲が加わったらどうなるかと言うところから、話が始まるカンジなのでナース一年目は一年生と言われるところがほとんどではないでしょうか?ナンパ目的以外一年生ナースが話しかけられることはほぼ無いと思います。

指導、注意以外何しろ話になりませんから(笑)むしろそこでホイホイ話を合わせていると、本当に寿退職になってしまうかも。

順調に教育が進めば進むだけ、新しい手術につくので本当に勉強が続きます。

経験年数を重ねても新しい術式や機器が出てくるので勉強しないとついて行かれません。

同期が複数いる場合も、達成度が明確なので、出来る出来ないがハッキリ分かってしまいます。

達成度の低いスタッフは難易度の高い手術にはつかせられませんから、看護師間は元より手術室に出入りする人にはすぐに分かってしまいます。

それこそ、エイドさんや清掃員さん病棟スタッフにも分かってしまいます。

オペ看護師に向いている人

向いている人の特徴
  1. 知識欲のある人
  2. 切り替えが早い人
  3. 負けず嫌い

①知識欲のある人

とにかく勉強量が多いので、何で何で?と興味を持たないとつらいと思います。

本当に終わりがないです。

たとえ扱う術式を全部クリアしても、麻酔の勉強、合併症の勉強があります。

日々進化する機器の勉強も必要です。

指導者になれば教育の勉強、管理になれば普通の企業と同じように人身掌握や人材育成の勉強もします。

また専門職ですので研究も必須です。

統計学も必要です。

もちろん学会発表はPCですので、プレゼンテーション技術も必要です。

国際学会で口演発表であれば英語だとカッコ良いですよね。

また職能団体である日本看護協会の認定看護師を取得する道もあり、それについては別途座学と実習があります。

取得してからはケーススタディでの更新義務があります。

上記のようにずっと勉強が続きます。

嫌でもしなくちゃならないので、出来るなら苦にならない方がよいかと思います。

②切り替えが早い人

落ち込んでいてもすぐに次の日がやってきます。

今この瞬間に怒られても手術はどんどん進行します。

主役は患者さん、手術を受けている人です。

手術に不利益になる事は罪です。

良い意味で引き摺る事、例えば同じ失敗を繰り返さないとか、最悪の事態を想定して過剰に準備するなどは良いのですが、術中に泣いてしまったり、良いムードを壊してしまったりするのはNGです。

一度躓くと中々抜け出せない悪いループに入るのはみんなあると思いますが、患者さんを第一に考えて、悪い流れは断ち切りましょう。

他人任せではなく自分から断ち切ると自信になり、力になります。

初めからパーフェクトに出来る人なんていません。

それぞれが、その人なりに勉強して経験を積んでいます。

進捗はそれぞれですが、器用な兎は勤勉な亀に抜かされます。

休む事は止まることです。

③負けず嫌い

②にも①にもつながりますが、怒りが原動力になります。

正直言って、若い天才外科医なんて見たことありません。

大学病院なんてそれこそ北朝鮮並みの序列の世界です。

アカハラもあります。

医局は国立でも出身は私立なんて医師はゴロゴロいますし、勉強しかしてこなかっただろうなと言う人ばっかりです。

まして女医さんには見えないガラスの天井もあるようで、ナースにキツく当たる人が多いように思います。

良い意味でも悪い意味でもナースは緩衝材です。

当たられまくります。

若いとチヤホヤされるのでジェラシー、中堅になって意見を言えば生意気と思われ、ベテランになれば煙たがられます。

けれど私達がいなければ手術は出来ないのです。

指揮者になったツモリで接しています。

指揮者がいなければオーケストラは鳴りません。

ただ好き勝手に楽器を鳴らしているだけです。

オペ看護師に向いていない人

向いていない人の特徴
  1. センスのない人
  2. 勉強しない・勉強嫌いの人
  3. やる気のない人

①センスのない人

残念ですがセンスのない方います。

経験と勉強でカバーできる部分もありますが、大成はしないと思います。

好きこそものの上手なれですが、病院と言うのは不思議なところで、勤務交替と言う名の配置換があります。

明らかに慢性期の病棟向きの方が出世のために異動してこられ、プライドをへし折られ病んで辞めて行かれるのを見ました。

反対に異動希望なんぞ出していないのに、他部署に配置換になり辞めて行く方もいます。

ファッションセンスと同じようにブラッシュアップしないとついて行かれないのかもしれませんが、向き不向きは確実にあると思います。

仮にもナースとして働いているのですから、患者さんがなにを求めているかを察知するアンテナを術者の医師が何を求めているか、麻酔科医師が何を求めているか、一緒に働くスタッフが何を求めているかに切り替えて働くことが近道な気がします。

②勉強しない・勉強嫌いの人

とにかく勉強が続くので、勉強嫌いの人はツライと思います。

誤魔化しが効かないんですよね、咄嗟の時はとくに。

また経験豊富な先輩方からすると勉強したかしてないかはすぐわかっちゃいます。

まだ勉強してませんと正直に言った方が良いかもです。

手術にはつかせてもらえなくなるかもですけど。

勉強しないで手術につくなんて患者さんに失礼すぎます。

貴方ならそんなヒトに自分の大切な人の手術を任せられますか?経験がないスタッフが担当する場合は必ずバックアップのスタッフもつきますが、メインで担当する人が不勉強では困ります。

それに周りが勉強しているから、勉強していないと居た堪れない気持ちになって普通のヒトなら勉強するはずです。 

それだけ勉強が続くのなら勉強嫌いより勉強好きな人の方が、この職業につくには向いているのではないかと思います。

③やる気のない人

①と②とも被りますが、患者さんに不利益になるヒトは罪です。

ずっと手術室で働きたいのに異動させられて辞めるヒトを見てきましたし、自分も不本意に異動しました。

やる気がないなら代わって欲しいです。

好きこそものの上手なれです。

なにかしら興味を持って、探求してください。

慢性期で内科疾患に強味があるなら、そう言う合併症を持つ患者が手術を受けることの重大さや注意点、病棟での術後看護での視点などいくらでも繋がりがあるのではないでしょうか?

出世のための異動なら割り切って、教育体制を整えたり、雑務を引き受けたり、次の配属部署でも活かせるスキルをブラッシュアップする良い機会になるのではないでしょうか?

上記の着眼点でも興味、やる気が湧かないようなら直ぐに異動願いを出した方が良いと思います。

手術室で働きたいナースはたくさんいます。

オペ看護師になるには?

看護師免許が必要となります。

看護大学含む看護学校で国家試験受験資格をとり、試験合格後免許受領してから、キャリアや実績をつけていく必要があります。

ナース専門の転職サイトを使用すれば、求人が沢山あります。

辛い事も多い仕事ですが、それ以上にやりがいやメリットも多い仕事となっておりますので、オペ看護師に興味がありましたら、求人サイト等で募集条件を見ていると良いでしょう。