接客・サービス業

【辞めたい人が多い?】コールセンターSVに向いている人。仕事内容と特徴

コールセンターSVに向いてる人

コールセンターのスーパーバイザーとは何か、ご存知じゃない方も多いかもしれません。

簡単に言うと、コールセンターの管理職になります。

複数の人数のチームや、複数の店舗のエリアの管理を行うため、仕事の進捗や勤怠管理だけでなく、業務時間外のモチベーション管理など、幅広いスキルを求められることになります。

今回は、コールセンターSVとして活躍される方に、仕事に向いている人・仕事内容や特徴など、聞いてみましたので、コールセンターSVについて興味がある方には参考になることでしょう。

コールセンターSVの仕事内容と給料

仕事内容

コールセンターのSVは、誰でもなれる仕事ですが、言葉遣いの丁寧さと、相手の質問をくみ取る能力、そして、わかりやすく説明できることが求められます。

通販サイトのコールセンター、電話会社、パソコン、いろいろなコールセンターが存在し、それぞれにおいて、マニュアルと、研修がみっちりあります。

だから、やる前から不安になることはないですし、在宅でのお仕事に切り替わることもあるので、在宅で仕事をしたいと思ってる人には、朗報かもしれません。

とにかく、研修がきちんとしていて、言葉遣いや、お仕事の内容などもきちんと学習したうえで、現場にでるので、本当に慣れれば楽ですし、比較的定着率の良い仕事ではないかと思います。

時給も、そこそこよく、わたしは240万円と書きましたが、もらっている人はもっともらっているようです。

とにかく、現場に出るまでは、いろいろな研修はありますが、パソコンの簡単な技術と、話術、そして、仕事内容が飲み込んで、仕事をするというような内容でご理解頂ければと思います。

給料

周囲のコールセンターSVの話を聞いている限り、平均的な年収は240万円前後です。

コールセンターSVのやりがい

相手の人に、きちんと伝わって、感謝されたときの気持ちは、なんとも言いようがありません。

そのために、仕事の内容をしっかりつかむことと、丁寧な言葉遣い、そして、相手への思いやりやいたわりの気持ちがあれば、誰でもできますし、時給も、そこそこいいし、座り仕事なので、とてもいい仕事ではないかと思います。

なれるまでは、確かに大変ですが、でも、相手から感謝されたときの、なんとも言えない気持ち、これは、やった人にしかわからないと思います。

仕事内容は、難しいと感じる人もいるかもしれませんが、だいたいの人がやれます。

顔が見えないからこその言葉でのやり取りですから、きちんとした日本語が話せて、相手につたわるよう努力出来るような人に、すごく向いていると思います。

顔が見えないからこその、コールセンター。

しかも、SV。リーダーさんです。みんなから、何かあったとき、頼られますが、経験を積んでいくと、楽にこなせるようになります。

コールセンターSVの辛いこと

顔が見えないから、怒鳴りつけられたり、文句を言われたり、すること、そして、それに責任を持たなければいけないことが、多々あることです。

やはり、顔が見えないということは、とても怖いですし、その仕事に責任を持つということは、とても大変なことです。

それに対しての辛さはありますが、基本、相手の話をくみ取ることが出来れば、仕事はスムーズに進みますので、そんなに怖いことはないと思います。

相手とのコミュニケーションをいかにはかれるかが、すごく大変だけど、でも、そこを辛いととらえるか、頑張ってやってみようととらえるか。

誰でも出来そうな仕事で、実際、誰にでも出来る仕事ですが、そこに、相手へのいたわりの気持ちと、お話するお時間をちょうだいしたという、深い感謝の気持ちがわいてくれば最高です。

辛いことは、そこくらいなもので、あとは特になし。

同僚との仲も、わりとよい職場だと思うので、辛いことというのは、少ないと思います。

コールセンターSVに向いている人

向いている人の特徴
  1. 明るい人柄であること
  2. 言葉遣いが丁寧であること
  3. 感謝の気持ちが持てること

①明るい人柄であること

どんな時も、前向きである人柄であることが重要と言えます。

だからこその明るさです。

明るい人柄は、あい対する人をも明るくし、仕事を円滑に進ませることが出来ます。

なかなかそういう風に持っていける人は少ないかもしれませんが、でも、いいこと探しをして、仕事に明るさを持ってくると、仕事もはかどるし、周りとの協調性も生まれるし、楽しくお仕事が出来ます。

明るいという要素は、どこにでも必要とされることであり、仕事をしていく上で、最も重要なことではないかと思います。

難しいことではありません。

仲間を引っ張っていくためにも、明るい人柄であることは大事といえます。

リーダーである以上、性格の前向きさは重要といえると思います。

②言葉遣いが丁寧であること

言葉遣いの丁寧さは、仕事をしていく上で、すごく大事なことではないかと思います。

メンタルが安定してるからこそ、出てくる相手への配慮の気持ちと、相手の気持ちを汲んであげられるような丁寧な口調。

これは、何をおいても重要です。

仕事をしていく中で、仲間たちとうまくやっていくためにも、ぶっきらぼうであってはいけません。

相手への感謝と敬意の気持ちがあるからこそ、仕事を頼まれるのであり、SVという重要なポジションにつけるのではないかと思っています。

言葉遣いの丁寧さは、相手に対して、わたしはあなたに対して、敬意を抱いてますよとの印であり、すごく重要ポイントです。

仕事の向こうには、必ずたくさんの人がいます。

それを感じて、言葉遣いは丁寧にするべきだし、大事なことだと思っています。

③感謝の気持ちが持てること

仕事があるということに対しての感謝の気持ちが持てる人は、何の仕事も出来ます。

小馬鹿にした態度だと、どことなく、やはり相手に伝わってしまい、まわってくる仕事もまわってこなくなってしまいます。

あなたに頼みたい、あなたにやってもらいたいと思わせるのは、やはり、仕事に対しての感謝の気持ちを持っているからこそだと思います。

仕事は、対人です。

人が嫌がる行為をしてはいけません。

だから、細心の注意をはらってやらなければなりません。感謝の気持ちは、いろいろなことを知っているからこその、感謝の気持ちがわいてくるのだと思います。

どんなに小さな仕事でも、丁寧にやっていると、それがちゃんと伝わります。

だからこそ、感謝の気持ちを持っている人はリーダー向きなのです。

コールセンターSVに向いていない人

向いている人の特徴
  1. 不平不満の多い人は向いていない。
  2. 細かいことが嫌いな人は向いていない。
  3. すぐ投げ出す人は向いていない。

①不平不満の多い人

なんの仕事もそうですが、不平不満の多い人は、その仕事向きではありません。

要するに、あらさがしをしてしまう性格の人は向いていないと言えます。

仕事に明るい一面を見出して前向きにやれる人でないと、とてもじゃないとつとまらないと思います。

仕事じたいは、とても忙しいし、ひっきりなしに電話がかかってくるので、文句のひとつも言いたくなりますが、周りの人と一緒になって、愚痴や不平不満ばかりを言っていたら、仕事ははかどりません。

前向きに、そして、仕事にいい点を見つけ出し、そして、切り替えのうまさが重要視されると思います。

仕事というのは、その繰り返しですが、コールセンター業務は、こなす仕事量が多いので、気持ちの切り替えがうまくできないとつとまりません。

②細かいことが嫌いな人

細かいことは嫌いな人は向いていないと言えます。

なぜなら、電話をしてくる相手の人は、細かいことを知りたがって、電話をしてくるからです。

れに対して、面倒だからと逃げの姿勢だと、仕事はつとまりません。

リーダーの立場にいるならなおさらです。

相手の人が何を求めてきてるのかを、的確に判断し、答えを用意し、うまく説明する能力が求められています。

また、人の話をよく聞くことも大事です。

時間をうまく使って、相手の人の話をかいつまんで聴き、何がポイントなのか、相手の人が何を求めて電話をかけてきているのかをわからないと、うまく回答できないし、次につなげられないと思います。

失敗は誰でもするので、一つひとつのことに、誠実に対応することが大事だと思います。

③すぐ投げ出す人

すぐ投げ出す人は、この仕事に向いていないと言えます。

なぜなら、コールセンター業務は相手の話をよく聞いて、相手がどうしたいのか、何を求めて電話をかけてきているのか、適切な判断をしないといけないからです。

相手の話をじっくり聞かないと、相手の求めていることがわかりません。

だから、自分の話ばかりをしていてもいけないですし、不満も残りがちですが、相手から、クレームを言われたとしたら、それは、適切な処理をしなかったから、それに尽きると思います。

SVの仕事はリーダー的役割で、みんなの意見も集約しなければなりません。

すごく難しいし、責任も重いですが、やはり、感謝されたときのうれしさがあって、この仕事が出来るのだと思います。

コールセンターSVへ就職する方法

転職サイトは、有名どころなら、どこでも大丈夫だと思いますが、ハローワークを利用するとより、着実です。

特別な資格は必要ありません。

相手の話をよく聞いて、適切な答えと、多方面に回答出来るフレキシブルさが重要になってきます。

柔軟な脳みそと、相手に対して、丁寧に対応すると、必ず感謝される仕事です。お給料もいいです。ただ、人の話を長時間聞くので、疲れますが、我こそはという方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

とにかく、要点を得た回答が出来るようになると、仕事もうまく運びますし、楽しくなります。