転職ノウハウ

40代で転職はなんとかなる!仕事の選び方

40代の転職なんとかなる

中々定職に就けなかったり、長く続けていた会社になんらかの見切りをつけたり、逆につけられたりといった理由で、40代で転職を選択する人は近年特に多いでしょう。

仮に20歳頃から定職に就き続けている人と比べても、40代から新しい職場で新たにスタートするというのは勇気のいるものだと思います。

この記事では、40代の転職は果たしてその後上手くやっていけるのか、40代からでも始めやすい仕事や職種はなんなのかをご紹介していきます。

現在40代もしくはそのくらいの年齢で、転職をしても大丈夫なのか悩んでいる人が少しでも参考にしていただけると幸いです。

40代の転職は大変なのか

まず40代で転職を考える人の一番に考えることといったら、「そもそも40代の転職って大丈夫?」「40代だと企業が雇ってくれないのでは」といったものではないでしょうか。

40代の転職は、確かに求人の分母の中からみたら、ある程度幅は狭くなると思います。

しかし、そもそも求人では必要な資格が載っていたり、特定の分野の大学を卒業していたり、逆に何歳未満は募集していませんといったものもあるように様々な人を求めています。

以上のようなことを踏まえると、40代だから特別転職するのが大変といったことはないでしょう。

長きに渡るキャリアアップを求めるため、若い人を募集しているといった求人以外は、基本的には年齢ではなく個人と企業のマッチング度合いであったり、今までに培ってきた経験や能力のほうが重要だと思います。

さらには、求人によっては、「40代募集」というピンポイントのものもあるくらいなので、40代の転職が大変かどうかでいったら、そこまで大変なものではありません。

40代で転職するメリット・デメリット

新卒を雇ったり、中途を雇ったり。
20代を雇ったり40代を雇ったりなど、どこをみても当然メリットもあればデメリットもあります。

では、40代を雇うメリット・デメリットはどのようなことがあるのかをご紹介します。

メリット

キャリアや経験のある即戦力が見付かりやすい

40代ともなると、少なくとも15年くらいは社会人として働いてきた経験のある人がほとんどだと思います。

そのため、ビジネスマナーであったり、基本的なことは身に付けている人が多く、特に経験のある職種であれば少し教えれば即戦力ともなるため、会社に早期で貢献できるでしょう。

少子高齢化対策

日本は年々少子高齢化が進んでいます。
さらには、最近の若者の働き方の方向性も昔とは大分変わり、フリーランスなど企業に縛られないものや、派遣、アルバイトなどで定職に就かない人も多くいます。

そのため最近では外国人雇用や、女性の雇用の強化、そして高齢化の強化も進んでいるため、40代ならまだまだ若いという考えを持っている企業も多いでしょう。

長期勤務を希望する傾向が強い

20代などの若い世代は、やり直しが何度でも効いたり、社会人経験が浅いため、ちょっとしたことに耐えきれずにすぐ辞めてしまう人が多いです。

しかし、40代となると社会でのイヤな経験というのは何度もあるため、ちょっとのことで辞めてしまうような人は少ないでしょう。

さらに、個人の気持ちとしては「次はもう就職出来ないのでは」と不安になる人もいて、なるべく続けられるようにと努力をする人が多いように感じます。

そのため、個人としては続けるつもりがありますというのをアピールしていくのが会社にも誠意として伝わり若者よりも信用されやすいポイントではないでしょうか。

デメリット

企業の求めるハードルが高い

40代を雇うということは、企業はそれなりに能力のある人を求めているため、若者と比べるとハードルは高くなると言えるでしょう。

ビジネスマナーはもちろんのこと、過去の仕事の経験を見た上で、過去に経験があるならこの仕事は任せても良いだろうといった形で、教育はそれなりに少なくなると思います。

また、20代と比べるとずっといた場合に企業に在籍できる年数は当然40代のほうが少ないため、即戦力といった人を採用する確率が高くなります。

年収が希望と合わない

年齢給として、ある程度担保してくれる会社は数多くあると思いますが、それでも勤続年数や実績がない状態では、40代の人が一般的に希望するような給料をもらえるところは少ないでしょう。

仮に今までの経験で早急に結果を出したとしても、少なくとも数年間は求めている給料までいかないことがほとんどだと思います。

会社・部署に馴染めない

長年の社会人経験や、年齢が邪魔をして周りの人とうまくいかない人は多いようです。

これは年齢が上がればあがるほど仕方のないものですが、培ってきたやり方があったり、年下の先輩に注意をされるなど納得のいかない部分も出てくるでしょう。

しかし、経験値はプライドとして使うものではなく会社への貢献として使うことか大切なため、経験値は生かすけど、新しい会社のルールや年下でも先輩にはしっかり従い、行動をしていくことが大切だと思います。

40代で転職する人の悩み4選

年齢が上がるにつれて、転職への不安は大きくなると思います。

では、40代のかたは実際どのような不安を持っているのでしょう。

  1. 転職できるのか
  2. 転職活動が長引かないか
  3. 年収や待遇
  4. 人間関係や職場環境

以上のような悩みのなかから、まず出来ることというのは、転職活動が長引いた時のための準備です。

ある調査では40代の80%以上の人は、6ヶ月以内に仕事が見付かったという結果が出ていますが、やはり働かない期間は支出しかないためお金の不安は大きくなると思います。

そんなときに焦って希望と違うようなところに就職してしまわないように、現職を続けているうちに貯金などをしてお金の不安を少しでも取り除いておきましょう。

それ以外の不安に関して、特に待遇や人間関係は、入ってみないとわからないこともあります。

不安で前に進まないのは、現状をなにも変えられないだけになってしまうため、転職をすると決めた以上はとにかく行動をするようにしましょう。

40代の人におすすめする仕事3選

40代からだとちょっと厳しい仕事もあるように、40代だからおすすめできるものや、40代からでも問題のない仕事もあります。

そんな、年齢を全然気にせず始められるような仕事は一体どのようなものがあるのかをご紹介します。

1. 営業職

長年社会人として培ってきたコミュニケーション能力は、営業のような仕事でも活きてくるでしょう。

営業というジャンルなら、色々な営業があり、好きなものや得意分野が見付かりやすいというのも、転職をしやすいポイントです。

2. 別業種の仕事

自身の培った知識やノウハウは、業界内で当たり前であったり、評価されないことであっても、他の業種や業界では、非常に重宝されることがあります。

経験を活かすために、現職と同じような仕事を選ぶのではなく、他の業界にも視野を広げてみると、人生の転機が見つかるでしょう。

3. 人材関係

40代まで働いた業界のことであれば、業界知識やサービス・製品知識にも長けていることでしょう。

また、若手の育成なども行ってきた経験から、人材に関しての目も肥えているため、人材業界では業界経験者を求めていることが多々あります。

まとめ

40代で転職は金銭面、今後の会社の立ち位置など色々な不安が出ることと思います。

しかし、「40代で転職なんて」というような時代はもう昔の話と言っても良いでしょう。
そのような年齢から転職を始めて、早い段階で成果を出して活躍している人は大勢います。

大切なのは年齢ではなく、今までの経験と、これからへの向き合いかただと思います。

例え転職することに不安があっても、現状をどうにかして変えたいと思うのであれば、年齢に関係なくいつからでもトライすることが成功に繋がるのではないでしょうか。